トップイメージ

破産宣告の際に持っている返済義務に関してほかに保証人を立てている場合には事前に相談をしておくべきでしょう。

改めて言いますが負債に保証人を立てているときは自己破産手続きの前段階によく考える必要があります。

というのはあなたが破産申告をして受理されると、保証人となる人がその借り入れを払うことになるからです。

やはり、破産宣告の前段階に保証する人にそれらの内容とか現状を報告しつつ、お詫びをしなければならないでしょう。

これらのことは保証人になるひとの立場に立つと当然のことです。

友人等のあなたが破産することで結果的に負債が回ってくるわけです。

そうすると、それからの保証人の選べる手段は4つあります。

一つめは保証人である人が「みな返す」ということです。

あなたの保証人がいつでも数百万もの金額を苦労することなく弁済できるというようなカネを持ち合わせていれば、それができます。

ただむしろそのまま破産の手続きをせずにその保証人に立て替えてもらい、自身はあなたの保証人に月々一定額を返していくという方法も取れるのではないでしょうか。

もし保証人が自身と良い関係にあるのであれば、ある程度弁済期間を考慮してもらうこともできるかもしれません。

いっぽうで一括で完済できないとしても、業者側も話し合いで分割での返金に応じる場合も多いです。

保証人にも自己破産を実行されると借金が一円も戻ってこないことになってしまうからです。

保証してくれる人がそれらのカネをすべてまかなう経済力がなければ借金した同じようにある中から債務整理をすることを選択しなけばなりません。

続いては「任意整理」を行う方法です。

この方法を取る場合貸金業者と相談することによって、3〜5年の期間内で弁済する形になります。

実際に弁護士にお願いするときのかかる経費は債権者1社ごとにおよそ4万円。

全部で7社から負債があるならおよそ28万円かかります。

また貸方との交渉は自分でしてしまうことも可能ですが法律や交渉の経験がない方の場合相手が自分に有利な提案を投げてくるので、気を付けなければなりません。

また、任意整理を行うという場合もその保証人に債務を立て替えてもらうわけなので、あなたはたとえちょっとずつでも保証人になってくれた人に支払っていく必要があります。

3つめは保証人である人も債権者と同様「自己破産をする」という選択です。

あなたの保証人も返済できなくなった人と同じく破産宣告すれば、保証人の義務も返さなくて良いことになります。

ただその場合は、保証人である人が不動産などを持っている場合は該当する私財を没収されてしまいますし資格制限のある職業についているのであるならば影響がでます。

個人再生制度を検討するといいでしょう。

一番最後に4つめの手段は、「個人再生による手続きを取る」方法があります。

不動産を手元に残したまま借金の整理を望む場合や、破産申告では資格に影響する業務にたずさわっている人に検討していただきたいのが個人再生による整理です。

この処理の場合、マンション等は残せますし破産宣告の場合のような職業制限、資格に影響する制限等は何もありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.dermanshoppe.com All Rights Reserved.