トップイメージ

ありふれた初めての方向けのFX取引の本では、「損失を被った時はナンピンして、全体のコストを低くする」などと説明されていたりする事もありますが、これは大きな隠れたリスクが待ち受けています。仕事 辞めたい アフィリエイト

まずは、ナンピンの方法に関してごく簡単に記述します。

仮に1ドル100円でドルを買ったとします。

$買いということで、円安に進むほど利益が大きくなるわけですが、不幸にして1ドル95円までドル安に向ってしまったとします。

その場面で所有し続けたらマイナスをなくすためには、円高になった分円安ドル高に動かなければなりません。

誰でも、赤字はなるべく早く0にしたいと願うでしょう。

そのため最初に売り買いしたのと同じ額の$(ドル)を取引します。

それで、平均の買い付けコストは97円50銭まで低くする事が出来ます。

要するに、2.50円の幅で円安が進行すれば、赤字を回復できる。

これが、ナンピンの仕組みです。

このとおり、ナンピン買いの理論を目にすると「ごもっとも」と考えたりするが相場はそう容易には思うようにはいきません。

初めから、1ドル=95円以下にならないとは、なんびとも分かりません。

仮定として、市場が円高地合だとしたら95円では下げ止まらずに、更に一段のドル安に向う可能性があります。

たとえば、1ドル97.50円でナンピンをした時に、1ドル=95円までドル安に向ったらナンピン買いしたポジションについても、赤字が生まれてしまいます。

そういう状況では一番初めに注文したドルと一緒に、より大きなマイナスが生じます。

それほど、ナンピン買いは難しいのだ。

では、為替が自らのストーリー展開とは別の方向にさっと行ってしまった場合、どういった対策で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

こういう時には取るべき術は2つあります。

ひとつめは潔く、ポジションを諦める事です。

もうひとつの方法としては、今現在、あなたが所有しているポジションを小さくする事によって、再度相場がリカバリするのを動かないで待ち望む事だけです。

ずいぶん後ろ向きな術だとおっしゃる人もいるkもしれません。

だがしかし、自分が所有しているポジションに損が出た場合一番有効な手法はこれ以外にはないです。

理論上は、ナンピン買いを入れるという手法も効果的です。

しかしながらナンピンはあなたが損失を出しているのに、買いポジションを縮小するどころか、遂に買いポジションを積んでいく手法です。

この考え方では、危険性を削減することなどどう頑張っても無謀だと思うべきです。

ナンピン買いを続ける事ができればその内利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、そうなる先にお金は無くなってしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.dermanshoppe.com All Rights Reserved.