トップイメージ

思いつきもせず思いがけず起こるのが交通事故です。

その状況でどう対応した内容がポイントとなり、保険金の受け取り額も差が出ることも想像されますので落ち着いた考えと対処が求められます。

想像できない場面に冷静さを失ってしまったとしたら大切な工程を逃してしまいその先大きな損を被る場合も考えられるので自動車の事故に巻き込まれた場合は正しく以下に述べる行動するようにするとよいでしょう。

自動車事故を起こした場面で一番にする事は負傷者の状況を確認する必要があります。

自動車事故後はパニックになってぼうぜん自失となってしまう場合があり容易に行動を起こせないのが通常です。

その場合、負傷した人がいた時に安全が確認された地点へ移動してから手当てをし救急車を呼ぶ等して人命の優先に努めましょう。

119番通報する状況では適切な現場を告げて、分からない場所ではよく知られているデパートや交差点名を伝えてその住所が分かってもらえるようにします。

次に警察署に連絡し自動車の事故を起こしてしまった事、現状を告げます。

救急車と警察を待つ内に怪我人の事を確かめます。

名前、住所、連絡先、免許証、ナンバープレート、事故相手の自動車保険の会社名などなど相手だけでなく自分の内容をやり取りします。

この時事故相手に不手際があるような状況ではその場所で結論を出そうとするケースがよくありますがその場で結論を出すのではなくどの場合だとしても警察や自動車の保険会社報告してちゃんと調べてもらう事が大切です。

互いの情報を教えたら他の交通の障害になることをやめるために邪魔な物を路上から除去します。

万が一被害が自動車の障害になっている時は情報交換をするよりもこれをしても問題はないはずです。

ここで自分自身が自動車保険の会社に電話をして自動車事故があった旨を告げます。

事故から一定の時間内で車の保険会社に電話を入れておかないと自動車保険の適用除外とされる場面もありえますので時間が出来たら遅れることなく連絡することが大切です。

また事故の形跡として、デジカメや携帯等で事故現場や乗用車の破損状態の写真を撮影しておきます。

これは過失割合を決定する糸口とできるので自身の愛車や相手の乗用車の壊れた箇所を的確に証拠に残しておきましょう。

この時に目撃した人がいたのならおまわりさんや保険屋さんの人が着くまで事故現場にそのまま待ってもらうよう話しておくことも大事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.dermanshoppe.com All Rights Reserved.