トップイメージ
よくカードのひと月の限度額がユーザーが日常払う以上にゆるくなっていると人は余裕だと思い誤って、考えずにで決済してしまったりする傾向があるようです。そうしたクレジットカードの使いすぎを抑えておく意味でも決済できる上限金額をできれば低めにセーブしておこうということがこれから見る記事の主な考え方です。月ごとの限度額の引き下げ方◇月ごとの限度額を下げておくとは限度額を増やす手順と同じく、なんとも便利です。お手元のカードのサインのある面にある番号に連絡して「限度額を下げたい」と電話に出た人に依頼するだけです。おおむね今現在の月の利用限度額と比較して下であれば、込み入った調査なしで電話一本で限度額のコントロールができてしまいます。月の利用限度額を減らすのはお金を守ることへと結びつく〇カードの上限をセーブしておくことは自己統制というような益以外に防犯にもつながります。万が一、使っているカードが誰かの手に渡り偽造されるような場合でも持っているカードの月ごとの限度額を低く申請していれば危険を最小限にとどめることができるからです。安心して欲しいのは、もし仮にクレジットカードが悪用されることになったような状況でも利用者に過失がない限り、盗難保険というカード保険が支えてくれるし不安を感じることはないのですが、万が一のことを念頭に置いて必要以上の月の限度額は低くしておくのも手です。使うことのない上限設定は良くないことなのです。

リンク

Copyright © 1998 www.dermanshoppe.com All Rights Reserved.