トップイメージ
カードをショップにて利用する場合に、誰でも経験があるのではないかと思うのですがスタッフがわからないことでいったいどの紙をお客さんに渡すのか迷っている時があるのではないでしょうか。というのも、クレカを処理するとレジの方から3枚1組の使用明細というものが出力されるからでして、それらのどれをカード利用者へ渡すのかわかりにくいというものだ。数枚の利用明細の解説》この複数のレシートの内容とはいかなるものかを要約すると以下の通りとなります。1お客さんへ保管してもらう使用レシート。2店舗控え使用レシート。3クレジットカード会社保管用レシート(サインを行う紙)。本来であればもちろん利用者のもとへ保管して頂く明細レシートの方を渡されるのだが稀に店舗控え用の使用レシートをお客さんのもとへ間違って渡してしまうというケースであったりサインした側の利用明細を渡すというといった大きなミスさえも見受けられます。このケースはアルバイト従業員であったり、いつもクレジットカードが利用されるケースの少ないお店にてクレカを利用するとそれらの店舗従業員の迷いを見られるだろう。万が一スタッフが間違った紙を提示してきた時には怒らずに「これじゃありませんよ」と一言直してみてはいかがでしょうか。

リンク

Copyright © 1998 www.dermanshoppe.com All Rights Reserved.