トップイメージ
クレジットカードを店頭にて使用する場合に誰しも体験があるのではと思うのだがスタッフが理解していないことでいったいどの明細を利用者に対して渡すのかわかっていない時があります。といいますのも、カードを機械に通すとマシンより3枚の明細が出力されるからでありそれらのうちどの紙をカード利用者の方に渡すべきか迷ってしまうということがあります。利用明細の意味》これまで述べた3枚1組の紙についてはどういうものなのかということについてまとめると↓の通り。1カード利用者に渡すべき使用明細。2お店の控え利用明細。3クレジットカード会社控え利用明細(記名をする紙)。本来であればあたりまえのように利用者へ渡す使用明細の方を渡してくれるのですが時には別の使用レシートの方をお客様へ間違って渡してしまうというパターンの他署名した紙自体を渡してしまうというといったパターンすら見受けられます。特に時間給の担当者などやそれほどクレカが利用されるケースの少ない店頭で会計する際カードを使うと、こういった店舗スタッフの焦りを見られるのではないでしょうか(笑)。いつの日か間違ったレシートを渡そうとした場面では、どうぞ「間違ってますよ」と直してあげてほしいものです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.dermanshoppe.com All Rights Reserved.